スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
デッキ構築論っぽいもの?(速攻デッキ編)
2013-02-19 Tue 23:32
需要は皆無かも知れませんが・・・
昨日に引き続き、デッキ構築についてまとめていきたいと思います。

今回は『速攻デッキ』についてです。

『速攻デッキ』とは
序盤から積極的に攻撃し、相手が動く前に勝負を決めるデッキを指します。そのためほとんどのカードは1~3国力にして組まれる場合が多いです。早くダメージを与える事を追求するため、ユニット>キャラクター>コマンド・オペレーションの順にデッキに入れられます。また速攻デッキと言っても、1体のユニットをキャラクターなどで強化しダメージクロックを刻むタイプ、大量のユニットを展開し一気に削りにかかるタイプなど色々なタイプが存在するので、自分に合ったタイプを見つけることも一つの楽しみだと言えます。


『速攻デッキ』の強み
相手が本格的な行動に移る前に決着をつけることを前提に組まれるため、相手の影響を受けにくく、初心者にも扱いやすい。

『速攻デッキ』の弱点
相手が動く前に決められなかった場合、じりじりとブロッカーや殴り返しに押し返されて負けるのが速攻デッキの負けパターンになります。

『速攻デッキ』の大まかな枚数(目安)
ユニット(ACE含む)
24~30枚
キャラクター
9~15枚
コマンド
6~15枚
オペレーション
0~6枚

構築する時に気をつける点
・数種類のクイック持ちユニットを採用する⇒相手の動きを見ながら展開できる
・1枚制限やキャラクターは重要な場合を除き、枚数を絞る⇒場に複数出せない場合、そのカードは死に札になりやすい
・コマンドの使用タイミング、範囲を考慮する⇒ダメージが通しやすく事で早期決着できる

プレイする時に気をつける点
・相手の色によって出す順番を考える⇒黒の場合、展開しすぎると全体破壊される可能性がある等
・毎ターン無駄なコストを出さない⇒速攻デッキの場合、ロスすることでダメージ量が変わってくる
・攻撃だけを考えすぎない⇒相手を追い込んだとしても自分が死んだら意味がありません


速攻デッキはデッキの基礎が詰まっています。速攻デッキを使いこなせるようになる事でプレイングや構築に幅が出るはず・・・
スポンサーサイト
別窓 | ガンダムウォーネグザ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<3.5弾で作ってみたいデッキ集 | 紅葉四重奏 | 相互リンク2>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 紅葉四重奏 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。